ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(08/03)

保険デイリーニュース(08/03)

 本日の主なニュース

・コロナ後の「損害保険ビジネス」はどう変わるか
・自動運転車の保険料割安に=10月販売、普及後押し-あいおいニッセイ
・損保ジャパンの動画を活用した業務効率化、プロジェクトの進め方【後編】
・外貨建て保険の苦情増加 7年連続、昨年度は2822件
・住友生命、営業職員が健康増進アプリ販売
・太陽生命、営業職員がペット保険販売
・日本郵政、別の不正販売の疑い 保険・投信契約で760人分を調査
・名古屋市、明治安田生命と包括協定 検診啓発など
・富士通と第一生命、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示するシステム

 <損保関連>

■コロナ後の「損害保険ビジネス」はどう変わるか

 3メガの一角であるMS&ADインシュアランスグループホールディングスは、傘下に三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険の2損保を擁している。緊急事態宣言下では、約7割の社員がテレワークに移行。宣言が解除された後 …
・東洋経済オンライン

■自動運転車の保険料割安に=10月販売、普及後押し-あいおいニッセイ

 あいおいニッセイ同和損害保険は30日、自動運転車を対象とする割安の保険を10月から販売すると発表した。主要自動車メーカーは自動運転車の早期販売へ開発を進めており、保険会社としても普及を後押しする。
・リスク対策.com

■損保ジャパンの動画を活用した業務効率化、プロジェクトの進め方【後編】

 ビジネスの場では、ここ数年でビジネスチャットツールが使用され出し、また、新型コロナウイルスの影響によってビデオミーティングツールの利用が飛躍的に進みました。
・AdverTimes(アドタイ)

■損保各社ホームページより
●東京海上日動
(07/31) 新規事業「プロドア」の開始について~ミドルシニア層を中心としたプロフェッショナル人材のマッチング事業~

●三井住友海上
(07/31) 部長職の異動について

●あいおいニッセイ同和損保
(07/31) 自然災害発生時に事故のご連絡からお支払いまでWEB上で完結できるサービスを開始
(07/31) 新型コロナ感染防止を踏まえた新たな自然災害対応態勢
(07/31) 自動運転車の安全性を保険料に反映するテレマティクス自動車保険を開発

●楽天損保
(07/31) 当社における新型コロナウイルス感染者の発生について
(07/31) 自動車保険および火災保険における保険料誤りに関するお詫びについて
(07/31) 楽天損保、「ドライブアシスト」「ホームアシスト」の新規お申し込みを完全ペーパーレス化-紙の申込書の郵送が不要に-

 <損保株価情報>(東証:2020/07/31)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,436 -203 -4.38% 2,369,500
SOMPOホールディングス   3,455 -168 -4.64% 1,017,400
MS&ADホールディングス   2,636 -76 -2.80% 2,695,200

日経平均株価   21,710 -629.23 -2.82%

 <金融庁・協会関連>

■外貨建て保険の苦情増加 7年連続、昨年度は2822件

 生命保険協会が29日発表した2019年度の生保各社に対する外貨建て保険への苦情件数は18年度比11%増の2822件だった。
・日本経済新聞

■金融庁・協会ホームページより
●日本損害保険協会
(07/31) そんぽADRセンター統計号を発行
(07/31) 令和2年7月豪雨で被災された皆様へのチラシを作成

●生命保険協会
(07/31) 「生命保険各社の苦情受付情報・保険金等お支払情報」を掲載しました

 <生保関連>

■住友生命、営業職員が健康増進アプリ販売

 住友生命保険はローソンなどと連携し、運動量に応じて飲料などの特典を付与するスマートフォン向けの健康増進アプリを売り出す。営業職員が保険以外のサービスを個人に売るのは大手生保で初めて。
・日本経済新聞

■太陽生命、営業職員がペット保険販売

 T&Dホールディングス(HD)傘下の太陽生命保険は8月から、営業職員を通じたペット保険の販売を始める。同HD傘下のペット&ファミリー損害保険と組み、保険料を数%引き下げた新商品を連携して開発した。
・日本経済新聞

■日本郵政、別の不正販売の疑い 保険・投信契約で760人分を調査

 日本郵政グループは31日、不適切販売の疑いがある新たな事案が発覚したと発表した。2015年度~19年度にかけ、ゆうちょ銀行の投資信託と、かんぽ生命保険の保険商品をともに契約した顧客765人分について調査する。
・日本経済新聞

■名古屋市、明治安田生命と包括協定 検診啓発など

 名古屋市は31日、明治安田生命保険と包括連携協定を締結した。市が進める特定健診やがん検診の受診率向上に向けた協力のほか、東山動植物園のバリアフリー化などを支援する。
・日本経済新聞

■富士通と第一生命、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示するシステムを開発

 富士通株式会社と第一生命保険株式会社(以下、第一生命)は29日、保障設計予測モデルを構築し、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発したと発表した。
・クラウド Watch

■生保各社ホームページより
●フコク生命
(07/31) 当社における新型コロナウイルス感染者の発生について
(07/31) 2019年度下半期(2019年10月~2020年3月) 「保険金・給付金のお支払状況」を掲載しました。

●太陽生命
(07/31) 太陽生命におけるペット&ファミリー損害保険のペット保険の販売開始

●三井住友海上プライマリー生命
(07/31) ディスクロージャー誌「三井住友海上プライマリー生命の現状2020」を掲載しました

●かんぽ生命
(07/31) かんぽ生命のご契約調査の状況等について

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。