ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/09)

保険デイリーニュース(11/09)

 本日の主なニュース

・損保ジャパンとDeNA、災害時の車両提供で連携
・三井住友海上が自動車1日保険見直し、320円で最大3人追加補償
・第一生命、営業職員の不正監視組織 相次ぐ金銭詐取で
・入院給付、AIが自動払い 生保が共同システム開発
・自動車メーカーや保険会社がCMで「明るい未来」を描く納得の理由

 <損保関連>

■損保ジャパンとDeNA、災害時の車両提供で連携

 損害保険ジャパンとディー・エヌ・エー(DeNA)などは6日、災害支援車両の提供や電源確保について、自治体との連携を進めると発表した。第1弾として、横浜市と「災害連携の検討に関する協定書」を締結した。
・日本経済新聞

■三井住友海上が自動車1日保険見直し、320円で最大3人追加補償

 三井住友海上火災保険は、24時間単位の自動車保険「1DAY保険」の保険料体系を見直す。2021年1月に実施する改定で、被保険者のほかに最大3人まで定額で追加補償できるようにする。
・ニュースイッチ Newswitch

■損保各社ホームページより
●東京海上ホールディングス
(11/06) 東京海上日動の2020年10月営業速報を掲載いたしました。

●損保ジャパン
(11/06) 2020年10月営業成績速報を掲載しました
(11/06) 損保ジャパン・DeNA・DeNA SOMPO Mobility カーシェアリングやEVを活用した災害時の自治体支援に関する検討を開始
(11/06) 大阪府への『災害備蓄食料』寄贈について

●MS&ADホールディングス
(11/06) 2020年10月月次成績速報を掲載しました

●三井住友海上
(11/06) ~安心・安全なIoT機器の普及を支援~IoT機器向けリスク診断サービスに専用サイバー保険を一体で提供

●あいおいニッセイ同和損保
(11/06) コンタクトセンターアワード2020にて「ストラテジー(戦略)部門賞」受賞
(11/06) ラストマイル自動移動サービス「地域への実装」の研究会に参画  ~地域住民による運営手法および地域環境に合わせた安全性確保を研究~

 <損保株価情報>(東証:2020/11/06)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,796 +8 +0.17% 1,656,300
SOMPOホールディングス   3,957 +46 +1.18% 667,100
MS&ADホールディングス   2,908.5 +14 +0.48% 989,600

日経平均株価   24,325.23 +219.95 +0.91%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■第一生命、営業職員の不正監視組織 相次ぐ金銭詐取で

 第一生命保険は営業現場で相次いだ金銭詐取事件を受けて、営業職員の不正を監視する組織を新設する方針だ。本部主導で顧客や職員と定期的に直接連絡をとる仕組みも整える。
・日本経済新聞

■入院給付、AIが自動払い 生保が共同システム開発

 生命保険業界で保険金支払いのデジタル化が動き出す。住友生命保険グループなど8社は年度内にも人工知能(AI)を活用し、入院時に契約者に払う入院給付金の手続きがスマートフォンで済むシステムを開発する。
・日本経済新聞

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■自動車メーカーや保険会社がCMで「明るい未来」を描く納得の理由

 今、よく見かける自動車のCMといえば、家族と一緒にキャンプに行ったり、後ろの座席で眠る子どもといったシーンです。あるいは海辺のワインディングロードを走っているCMもあります。これを私は「明るい未来トーク」と呼んでいます。
・現代ビジネス


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。