ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/16)

保険デイリーニュース(11/16)

 本日の主なニュース

・損保ジャパン、ペットボトル撮影で浸水被害を査定開始
・あおり運転の疑いを検知、ドラレコテレマサービスに機能追加 三井住友海上
・マクニカと三井住友海上、IoT機器向けリスク診断サービスに専用サイバー保険
・強制加入する自賠責保険の積立金、一般会計からさっさと返金すべき理由
・第一生命HD 元社員19億円を不正に集めた問題 社内処分を検討
・日本郵政、純利益予想を上方修正 かんぽ不正、コロナ影響は続く

 <損保関連>

■損保ジャパン、ペットボトル撮影で浸水被害を査定開始

 202X年の夏、大雨特別警報が発令された集中豪雨で自宅が床上浸水の被害に遭ったAさん。水が引いて家財道具を整理していると、スマートフォンに火災保険を契約している損害保険会社からLINEにメッセージが入っていた。
・日本経済新聞

■あおり運転の疑いを検知、ドラレコテレマサービスに機能追加 三井住友海上

 三井住友海上火災保険は、フリート契約向けドライブレコーダー・テレマティクスサービス「F-ドラ」に、従業員の「あおり運転の疑い」を検知する機能を2021年1月より追加する。
・レスポンス

■マクニカネットワークスと三井住友海上、IoT機器向けリスク診断サービスに専用サイバー保険を一体で提供

 三井住友海上が提供する専用サイバー保険は、情報漏えい等による損害賠償費用に加え、その原因調査費用やサーバー復旧費用など、サイバー攻撃による損害を補償する。
・クラウド Watch

■損保各社ホームページより
●損保ジャパン
(11/13) 東京都『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施
(11/13) 松崎町で実施される2020年度「しずおか自動運転Show CASEプロジェクト」実証実験への参画

●あいおいニッセイ同和損保
(11/13) 渋谷区における生活者共創型プラットフォーム「shibuya good pass」での協業

 <損保株価情報>(東証:2020/11/13)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,109 -192 -3.62% 1,966,300
SOMPOホールディングス   3,997 -104 -2.54% 848,200
MS&ADホールディングス   3,074 -57 -1.82% 1,173,400

日経平均株価   25,385.87 -135.01 -0.53%

 <金融庁・協会関連>

■強制加入する自賠責保険の積立金、一般会計からさっさと返金すべき理由

 自動車損害賠償補償制度を考える会は11月11日、赤羽一嘉国土交通大臣に自賠責保険料積立金・剰余金約6000億円が自動車安全特別会計から一般会計に繰り入れられている問題について、返済要望書を提出した。
・ダイヤモンド・オンライン

 <生保関連>

■第一生命HD 元社員19億円を不正に集めた問題 社内処分を検討

 生命保険大手「第一生命」の89歳の元社員が顧客からおよそ19億円を不正に集めていたとされる問題で親会社の第一生命ホールディングスは、さらに原因究明を行ったうえで社内処分について検討する考えを明らかにしました。
・NHK NEWS WEB
・www.fnn.jp

■日本郵政、純利益予想を上方修正 かんぽ不正、コロナ影響は続く―21年3月期

 新型コロナウイルスの影響で取扱量が減った傘下の日本郵便は、中間期として3年ぶりに純損益が赤字に転落。かんぽ生命保険の不正販売問題に伴う新規契約の低迷も響いた。
・時事通信
・日本経済新聞

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。