ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(01/06)

保険デイリーニュース(01/06)

 本日の主なニュース

・損保ジャパンなど、振動センサーを活用した保険商品を開発、自然災害対策費用を補償
・食品ロス減で保険料1割引き あいおいニッセイ同和
・事故の危険性高い場所、ドライブレコーダーが通知 香川
・医療保険の「新型コロナ保障」は本当に必要なのか?太陽生命の新商品がヒットした理由
・コロナ下で社員からの評価が上がった企業ランキング2020
・PayPayのユーザー数が3500万人を突破、今後は金融サービスを強化

 <損保関連>

■損保ジャパンなど、振動センサーを活用した保険商品を開発、自然災害対策費用を補償

 損害保険ジャパン(損保ジャパン)、メインマーク・ストラクチュアル・コンサルティング(メインマークSC)、パスコの3社は2021年1月5日、台風や豪雨などの自然災害に対し、センサー技術を活用した保険商品やサービスの開発に共同で取り組んでいくと発表した。
・IT Leaders

■食品ロス減で保険料1割引き あいおいニッセイ同和

 あいおいニッセイ同和損害保険は食品ロスの削減に取り組む企業向けの新しい保険サービスを1月に始める。食品を買い取って割安で販売するサイトを運営するクラダシ(東京・品川)と提携し、外装の不備などでリコールとなった食品を廃棄せずに …
・日本経済新聞

■事故の危険性高い場所、ドライブレコーダーが通知 香川

 香川県などは自動車の運転中にドライブレコーダーから交通事故の危険性が高い場所を音声で通知する取り組みを1月下旬から始める。人工知能(AI)で県内の交通事故がおきやすい場所を分析して示した地図を活用する。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●損保ジャパン
(01/05) ICTセンシング技術を活用した自然災害における防災・減災サービスの共創開始

●あいおいニッセイ同和損保
(01/05) 〜大型車両での実施は国内初〜路線バスにて自動運転実証実験を行います

 <損保株価情報>(東証:2021/01/05)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,190 -24 -0.46% 1,003,200
SOMPOホールディングス   4,069 -27 -0.66%  568,000
MS&ADホールディングス   3,092 +16 +0.52% 1,071,100

日経平均株価   27,158.63 -99.75 -0.37%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■医療保険の「新型コロナ保障」は本当に必要なのか?太陽生命の新商品がヒットした理由

 コロナ下で対面販売に制限がかかった生命保険各社にとっても、コロナによる人々の危機意識の高まりや、将来の病気や万が一の死亡に対する不安は、保険需要が高まるという意味では“追い風”となった側面もありました。
・Business Journal

■生保各社ホームページより
●日本生命
(01/05) 社長年頭挨拶

●三井住友海上あいおい生命
(01/05) セブン-イレブンで入る『ガン保険』が2020年日経優秀製品・サービス賞で日経MJ賞を受賞

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■コロナ下で社員からの評価が上がった企業ランキング2020

 就活生が業界研究をする際に最も気になるのが、実際に企業で働いている社員の「本音」。特に今、志望度を左右する大きな要素といえるのが、コロナ禍での企業の対応だろう。
・ダイヤモンド・オンライン

■PayPayのユーザー数が3500万人を突破、今後は金融サービスを強化

 さまざまな「ミニアプリ」をPayPayアプリ内で提供しています。また、2021年にはZホールディングス傘下の金融事業6社のブランドを「PayPay」に統一し、金融サービスについてもさらに強化する方針です。
・Engadget Japan


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。