ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース (01/08)

保険デイリーニュース (01/08)

 本日の主なニュース

・損保大手、火災保険の赤字2000億円超 台風なしでも
・水害保険支払い、請求待たず短縮 損保ジャパン、最短2日
・三井住友海上が実践する「RisTech」とは?
・大型路線バスの自動運転、実証走行を実施へ 国内初
・食品ロス削減につながる保険商品、あいおいニッセイ同和損保が開発
・再保険で損益変動抑制、第一生命HDが新会社
・少額短期保険に参入 顧客との接点拡大―日本生命の清水社長
・新型コロナ感染者情報 ネットに漏えいか 福岡県
・日立、出社率を30%→15%へ 1都3県が対象 緊急事態宣言に備え
・「週3勤務で給与6割」みずほで始まった”銀行マンの新しい働き方”はアリか

 <損保関連>

■損保大手、火災保険の赤字2000億円超 台風なしでも

 損害保険大手4社の2021年3月期の火災保険の損益は2000億円を超える赤字となる見通しだ。台風の日本への上陸が12年ぶりになく災害の被害が比較的少なかったにもかかわらず、保険金の支払いに備える再保険料の上昇や工場の老朽化が響いた。
・日本経済新聞

■水害保険支払い、請求待たず短縮 損保ジャパン、最短2日

 損害保険ジャパンは水害の予測モデルにSNS(交流サイト)の情報を組み合わせて被災者を特定するサービスを始める。浸水被害を細かく把握して、補償の対象となる可能性が高い契約者からの請求を待たずに「プッシュ型」で支払いを呼びかける。
・日本経済新聞

■三井住友海上が実践する「RisTech」とは? データドリブンなビジネス開発とデータ活用人材育成

 MS&ADホールディングスのインシュアランス部門で中核を担う損害保険業大手、三井住友海上火災保険(以下、三井住友海上)は、「リスク×Tech」による新しい事業開発を目指してデータ分析環境の整備やデータ分析人材の育成に積極的な投資を進めている。
・ITmedia

■大型路線バスの自動運転、実証走行を実施へ 国内初

 西武バスは1月5日、群馬大学発のスタートアップ、日本モビリティと2月から遠隔監視システムを活用した自動運転大型バスによる実証実験を実施すると発表した。
・レスポンス

■食品ロス削減につながる保険商品、あいおいニッセイ同和損保が開発

 あいおいニッセイ同和損害保険は、廃棄対象となった商品を食品メーカーから買い取って消費者に割安で販売するクラダシ(東京都品川区)と業務提携し、食品ロス削減につながる保険商品を開発した。1月下旬から販売を始める。
・ダイヤモンド・チェーンストア・オンライン

■損保各社ホームページより
●東京海上ホールディングス
(01/07) 自己株式の取得状況に関するお知らせ

●東京海上日動
(01/06) 社員の挑戦を支える「社外副業」の効果的な活用へ ~社員一人ひとりの成長の実現に向けて~

●SOMPOホールディングス
(01/07) SNSを活用した水災被害状況分析・被害推定システムの開発
(01/07) 2020年12月営業成績速報を掲載しました。

●損保ジャパン
(01/07) 自動車事故における自動事故判定に関するAI技術の開発 ~ドライブレコーダーを活用した自動事故判定による事故対応の高度化~
(01/07) 自動車事故における自動事故判定に関するAI技術の開発 ~ドライブレコーダーを活用した自動事故判定による事故対応の高度化~

●MS&ADホールディングス
(01/07) 2020年12月月次成績速報を掲載しました

 <損保株価情報>(東証:2021/01/07)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,438 +122 +2.29% 2,501,300
SOMPOホールディングス   4,208 +45 +1.08% 1,681,500
MS&ADホールディングス   3,272 +115 +3.64% 2,219,900

日経平均株価   27,490.13 +434.19 +1.60%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより
●日本損害保険協会
(01/07) 令和3年1月7日からの大雪による災害により被害を受けられた皆様へ

 <生保関連>

■再保険で損益変動抑制、第一生命HDが新会社

 第一生命ホールディングス(HD)は金利の上下に伴う損益変動リスクの抑制に乗り出す。このほど、英領バミューダ諸島にグループ会社の保険を引き受ける保険会社を立ち上げた。
・日本経済新聞

■少額短期保険に参入 顧客との接点拡大―日本生命の清水社長

 日本生命保険の清水博社長は6日までにインタビューに応じ、低額の保険料でニッチ分野の被害に保障を提供する「少額短期保険」に参入する方針を明らかにした。2021年度から3年間の中期経営計画期間中に専門子会社の設立を目指す。
・時事通信

 <セキュリティ関連>

■新型コロナ感染者情報 ネットに漏えいか 福岡県

 福岡県がまとめている新型コロナウイルスに感染した人の個人情報が、漏えいしていたおそれのあることがわかりました。 インターネット上に掲載 …
・日テレNEWS24

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■日立、出社率を30%→15%へ 1都3県が対象 緊急事態宣言に備え

 緊急事態宣言の再発令に備え、日立製作所は前回の緊急事態宣言後に30%前後で推移していた首都圏1都3県の出社率を15%以下とすると発表した。
・ITmedia

■「週3勤務で給与6割」みずほで始まった”銀行マンの新しい働き方”はアリか

 坂井辰史社長が2020年10月6日に週休3日・4日制の導入を表明し、労使協議を経て12月にはみずほ銀行をはじめ信託銀行、証券など約4万5000人のグループ社員を対象に希望者の募集を始めた。
・プレジデント・オンライン


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。