ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/19)

保険デイリーニュース(03/19)

 本日の主なニュース

・SOS機能付きドラレコ 自動車保険加入で貸し出し
・保険会社、オフィス縮小 明治安田・あいおいニッセイ、本社3~5割減
・トップは語る〜日本地震再保険 保険金の迅速・確実な支払い継続
・節税保険にホワイトデー・ショック 抜け道に国税庁メス
・日本郵政「2社長メッセージ」に募る不安と不満
・男子1位は「会社員」、子どもが将来なりたい職業 第一生命
・LINE、個人データ管理不備で謝罪 中国委託先で閲覧可能に

 <損保関連>

■SOS機能付きドラレコ 自動車保険加入で貸し出し

 東京海上日動は損害保険業界として初めてあおり運転の被害に遭った時などに助けを求められるドライブレコーダーを貸し出します。東京海上日動は来月からあおり運転の被害に遭ったり、急な体調不良の時に助けを求められる通話機能の付いたドライブレコーダーの提供を始めます。
・テレビ朝日

■保険会社、オフィス縮小 明治安田・あいおいニッセイ、本社3~5割減 好立地のビル活用課題

 保険会社がオフィス縮小へ動き出した。明治安田生命保険は2021年度以降、本社で働くスペースを3~4割程度削減する。あいおいニッセイ同和損害保険も本社部門の使用面積を半減する。
・日本経済新聞

■トップは語る〜日本地震再保険 保険金の迅速・確実な支払い継続

 地震保険制度が発足した1966年に、民間損害保険会社が引き受けた個人加入の地震保険を100%再度引き受ける国内唯一の再保険専門会社として設立された。大きな地震が発生すると甚大な被害をもたらすため民間の保険としてはなじまないからで、政府と民間損保、当社の三者が一体となって保険金の迅速・確実な支払いを実現してきた
・SankeiBiz

■損保各社ホームページより
●SOMPOホールディングス
(03/18) 2021年3月期第3四半期連結ソルベンシー・マージン比率

 <損保株価情報>(東証:2021/03/18)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,636 +85 +1.53% 2,048,600
SOMPOホールディングス   4,443 +52 +1.18% 1,403,900
MS&ADホールディングス   3,377 +87 +2.64% 2,414,200

日経平均株価   30,216.75 +302.42 +1.01%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより
●日本損害保険協会
(03/18) 2020年度に発生した地震・風水災等に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等について
(03/18) 大規模水災の被害状況確認で業界共同取組みを開始~衛星画像等をもとにした浸水深推定データを会員各社に共有~
(03/18) 協会長ステートメント(2021年3月18日)

 <生保関連>

■節税保険にホワイトデー・ショック 抜け道に国税庁メス

 「節税」の効果があるとして一部の経営者らに人気だった生命保険について、国税庁が17日、税務ルールの見直し案を生保各社へ示した。逓増定期保険と呼ばれる企業向けの商品で、名義変更をして税を抑える「抜け道」が横行していたが、見直しでふさがれる形となる。
・朝日新聞デジタル
・日本経済新聞

■日本郵政「2社長メッセージ」に募る不安と不満

 日本郵政グループで大量に発覚した生命保険商品の不適正募集。同社が信頼回復後の起死回生をかけて目指していた「総合的なコンサルティングサービス」は本格展開を始めることもなく、終わりを迎えることとなった。
・東洋経済オンライン

■男子1位は「会社員」、子どもが将来なりたい職業 第一生命

 第一生命保険は17日、将来なりたい職業の2020年度のランキングを発表した。小学生の女子の1位が「パティシエ」だったほかは、男子の小中高生、女子の中高生のいずれも「会社員」がトップだった。
・日本経済新聞

 <セキュリティ関連>

■LINE、個人データ管理不備で謝罪 中国委託先で閲覧可能に

 LINEは17日、業務委託先の中国の関連会社の従業員が国内の個人情報データにアクセス可能な状態だったと発表した。「業務上適切なもので、不正アクセスや情報漏洩はない」と強調する一方、「ユーザーへの説明が十分ではなかった」として謝罪した。
・日本経済新聞

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。