ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/05)

保険デイリーニュース(04/05)

 本日の主なニュース

・火災保険「値上げは不可避」 三井住友海上の船曳社長
・ペット保険の販売開始 セゾン自動車火災、損保系通販大手初
・イーデザイン損害保険、DXを推進する専門チームを発足
・健康増進プログラム、認知度アップを強化 住友生命保険
・女性管理職、25年度に5割 仕事と生活、バランス重視―住友生命社長
・住生、50年までに実質ゼロ 高田新社長「投資先へCO2削減促す」
・富国生命のオンライン入社式
・転機の生保営業(上)6割離職の前提、限界に
・転機の生保営業(下)当てが外れた異業種提携
・コロナ禍で契約数は落ち込んでも 生命保険の営業職員、増加の怪
・「営業職員の仕事と処遇が見合っていない」
・第一生命が元職員19億円金銭詐取事件に区切り、被害額全額補償で決断の背景
・5.33億人のFacebookユーザーの電話番号を含む個人情報、犯罪フォーラムで公開

 <損保関連>

■火災保険「値上げは不可避」 三井住友海上の船曳社長

 1日に三井住友海上火災保険の新社長に就いた船曳(ふなびき)真一郎氏が朝日新聞の取材に応じ、火災保険のさらなる値上げについて「不可避の選択肢だ」と述べた。自然災害が近年多発しているため、損保業界は保険金の支払いが膨らんでいる。
・Yahoo!ニュース

■ペット保険の販売開始 セゾン自動車火災、損保系通販大手初

 SOMPOホールディングス傘下で損保系通販大手のセゾン自動車火災保険は、2日からアイペット損害保険が扱うペット向け保険商品の販売を始める。新型コロナウイルスの感染拡大により自宅で過ごす時間が増え、ペットを飼う人が急増。
・SankeiBiz

■イーデザイン損害保険、DXを推進する専門チームを発足

 イーデザイン損害保険株式会社は、総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社が運営する副業人材マッチングサービス「lotsful(ロッツフル)」と提携し、「イーデザイン共創スタジオ」を新たに発足してデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進すると発表した。
・エキサイトニュース

■損保各社ホームページより
●損保ジャパン
(04/01) 神奈川県との『県内中小企業のBCP策定推進に関する連携協定』の締結について
(04/01) 高齢者向け見守りサービスの開発に向けた実証実験の実施

●MS&ADホールディングス
(03/31) 広域洪水ハザードマップの主な誤差要因を特定 ~河川に流入する水量データの誤差低減が精度向上の鍵~

●三井住友海上
(03/31) ~次世代エンドポイントセキュリティ対策と保険による備えを一体で提案~新たなサイバーセキュリティソリューションの提供に向けた協業を開始
(03/31) ~複雑化するサイバーセキュリティ対策を従業員教育と補償の両輪で支援~サイバー保険契約者向けセキュリティ教育の提供に向けた協業を開始
(03/31) ~自治体・NPO法人等と連携し、『スマート農業』普及を支援~地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として大臣表彰を受賞

●あいおいニッセイ同和損保
(03/31) 令和2年度 地方創生に資する金融機関等の 「特徴的な取組事例」として4年連続で大臣表彰を受賞
(03/31) 〜複雑化するサイバーセキュリティ対策を従業員教育と補償の両輪で支援〜 サイバー保険契約者向けセキュリティ教育の提供に向けた協業を開始
(03/31) 〜次世代エンドポイントセキュリティ対策と保険による備えを一体で提案〜 新たなサイバーセキュリティソリューションの提供に向けた協業を開始

 <損保株価情報>(東証:2021/04/02)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,265 -31 -0.59% 1,187,200
SOMPOホールディングス   4,202 -48 -1.13%  514,500
MS&ADホールディングス   3,209 -27 -0.83%  891,800

日経平均株価   29,854 +465.13 +1.58%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより
●金融庁
(04/01) 生命保険業の免許の公表について

 <生保関連>

■健康増進プログラム、認知度アップを強化 住友生命保険

 1日に住友生命保険の社長に就いた高田幸徳(ゆきのり)氏が朝日新聞の取材に応じ、保険商品とセットで入る健康増進プログラム「バイタリティ」について、保険を契約しなくても「単品化」して無償体験ができるようにすると明らかにした。
・朝日新聞デジタル

■女性管理職、25年度に5割 仕事と生活、バランス重視―住友生命社長

 住友生命保険の高田幸徳社長は3日までにインタビューに応じ、全国の営業管理職を含めた女性管理職の割合を2025年度末までに50%に引き上げる方針を明らかにした。20年度は39%だった。
・時事通信

■住生、50年までに実質ゼロ 高田新社長「投資先へCO2削減促す」

 住友生命保険は、1日付で就任した高田幸徳社長が同日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、2050年までに二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量を実質ゼロとする目標を立てたことを明らかにした。
・SankeiBiz
・日本経済新聞

■富国生命のオンライン入社式

 1日、全国の企業で入社式が行われ、多くの新入社員が社会人としての第一歩を踏み出した。富国生命保険のオンライン入社式では、米山好映社長と俳優の斎藤工さんが、画面に映る新入社員と記念写真に納まった
・時事通信

■転機の生保営業(上)6割離職の前提、限界に

 戦後一貫して対面を主軸にすえてきた生命保険のリテール営業が転機を迎えている。2年で半数が離職することを前提にした大量採用が限界に近づいているところに、新型コロナウイルス禍による対面回避の流れが追い打ちをかけた。
・日本経済新聞

■転機の生保営業(下)当てが外れた異業種提携

 「ニトリのほけん南砂店 閉店・統合のお知らせ」。2月下旬、家具量販店「ニトリ」の一角にある保険ショップに1枚の紙が張られていた。同月末、ニトリ店内に展開する東京・神奈川の「ライフサロン」ブランドの保険ショップ4店が同時に閉店した。
・日本経済新聞

■コロナ禍で契約数は落ち込んでも 生命保険の営業職員、増加の怪

 コロナ禍で営業活動が思うようにできないにもかかわらず、大手生命保険会社の営業職員の数が増えている。背景にあるのが、離職率の低下と、サービス業で離職した人が生保営業職員に流れる動きだ。
・日経ビジネスオンライン

■「営業職員の仕事と処遇が見合っていない」

 生保各社はなぜ、「大量採用・大量脱落」(ターンオーバー)問題を解決できないのか。明治安田生命の社長で生命保険協会の会長も務める根岸秋男氏を直撃した。
・週刊東洋経済プラス

■第一生命が元職員19億円金銭詐取事件に区切り、被害額全額補償で決断の背景

 この半年、生命保険業界を揺るがしてきた事件が、解決へ向けて大きく前進することになった。2020年10月に第一生命保険が公表した、山口県周南市を舞台に行われていた金銭詐取事件。89歳の元営業職員が2002年から20年にかけて、顧客24名から約19億5100万円を不正に取得していた。
・ダイヤモンド・オンライン
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより
●第一生命
(04/01) 2021年度入社式 社長挨拶
(04/01) 「都市の緑3表彰」の特別協賛と募集開始
(03/31) 元社員による金銭不正取得事案(2020年10月2日公表)に係る対応について

●明治安田生命
(03/31) 「デジタルトランスフォーメーション戦略」を策定
(03/31) (別冊資料)明治安田生命のデジタルトランスフォーメーション戦略

●三井住友海上プライマリー生命
(04/01) 映像配信スタジオおよびYouTube公式チャンネルを開設

 <セキュリティ関連>

■5.33億人のFacebookユーザーの電話番号を含む個人情報、犯罪フォーラムで公開

 米Facebookの日本を含む世界のユーザー5億3300万人の個人情報が、誰でもアクセスできるサイバー犯罪フォーラムで公開されていると、米Recordなど複数のメディアが4月3日(現地時間)に報じた。Facebookはメディアに対し、「これは2019年に報告された古いデータで、このデータが流出した原因の脆弱性は同年8月に修正済みだ」と語った。
・ITmedia

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。