ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(09/08)

保険デイリーニュース(09/08)

 本日の主なニュース

・損保ジャパン、サポートデスクにおける自動音声応答の対象を拡大
・SOMPO桜田社長「サブスクで稼ぐ」 防災・介護対象に
・大手7生保、団体年金の管理統合 280万人超を一元化
・生保初の国際組織加盟 住友生命、排出量算定で
・警察庁の情報流出も判明 富士通不正アクセス問題

 <損保関連>

■損保ジャパン、サポートデスクにおける自動音声応答の対象を拡大

 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は、サポートデスクにおける自動音声システムの適用範囲を拡大した。自賠責保険に加えて、新たに自動車保険と火災保険のサポートデスクに自動音声システムを導入した。
・IT Leaders

■SOMPO桜田社長「サブスクで稼ぐ」 防災・介護対象に

 SOMPOホールディングスの桜田謙悟社長は日本経済新聞の取材に対し、サブスクリプション(定額課金)型のソフトウエアサービスを収益の柱に育てる考えを明らかにした。まず防災と介護で始め、中長期的に5千億円の事業に拡大する。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●MS&ADホールディングス
(09/08) MS&AD統合レポート2021(上)
(09/08) MS&AD統合レポート2021(中)
(09/08) MS&AD統合レポート2021(下)

 <損保株価情報>(東証:2021/09/07)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,664 +80 +1.43% 1,762,700
SOMPOホールディングス   5,087 +76 +1.52%  957,500
MS&ADホールディングス   3,817 +48 +1.27%  969,100

日経平均株価   29,916.14 +256.25 +0.86%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■大手7生保、団体年金の管理統合 280万人超を一元化

 生命保険の大手7社が企業などを顧客とする団体年金の管理業務を統合する。複数ある管理会社を一社に集約し、ウェブ手続きの推進などデジタル化を進める。
・日本経済新聞

■生保初の国際組織加盟 住友生命、排出量算定で

 住友生命保険は7日、温暖化ガスの排出量の算定手法を開発する金融機関の国際組織「PCAF」に加盟すると発表した。国内の生命保険会社としては初めての加入となる。
・日本経済新聞

 <セキュリティ関連>

■警察庁の情報流出も判明 富士通不正アクセス問題

 富士通が運営するプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受け顧客の情報が流出した問題で、警察庁のシステム情報も漏洩していたことが日経クロステックの取材で6日までに分かった。
・日本経済新聞

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。