ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/04)

保険デイリーニュース(10/04)

 本日の主なニュース

・MS&ADHDがグループ生損保各社のデータ共同活用で描く構想
・金融庁が業態超えた横断的リスク把握を強化
・大同生命の法人保険、契約手続きをネット完結に

 <損保関連>

■MS&ADHDがグループ生損保各社のデータ共同活用で描く構想

 MS&ADホールディングスは10月、グループ一体でのビジネスを推進する組織を新設する。2022年度をめどにグループ各社が保有するデータを共同活用できるプラットフォーム(基盤)の開発に着手。グループの生損保各社が持つデータを連携させることで …
・ニュースイッチ Newswitch

■損保各社ホームページより
●東京海上ホールディングス
(09/30) 「気候変動に対する当社の基本的な考え方」の改定について
(09/30) 新・本店ビル計画のコンセプトについて

●東京海上日動
(09/30) 新・本店ビル計画のコンセプトについて

●MS&ADホールディングス
(10/01) 地方創生に向けた「日本共創プラットフォーム社」への出資

●三井住友海上
(09/30) 部長職の異動について

●あいおいニッセイ同和損保
(10/01) 地域の観光産業に貢献することを目指し、旅館・ホテル向けの「宿泊予約キャンセル保険」を共同開発

 <損保株価情報>(東証:2021/10/01)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,955 -66 -1.10% 1,966,000
SOMPOホールディングス   4,895 +14 +0.29% 1,608,800
MS&ADホールディングス   3,694 -62 -1.65% 1,452,800

日経平均株価   28,771.07 -681.59 -2.31%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁が業態超えた横断的リスク把握を強化

 金融庁は今事務年度(2021年7月ー22年6月)から大手銀行に加え地方銀行や生命保険会社の信用・市場リスクを「業態を超えた共通課題」として横断的なモニタリングを開始する。低金利環境下で利回りを追求する金融機関がリスク資産への投資を増やしているためだ。
・東洋経済オンライン

 <生保関連>

■大同生命の法人保険、契約手続きをネット完結に

 企業向け保険が主力の大同生命保険は10月1日から、法人契約の加入手続きをオンラインで完結できるようにする。個人向け保険の非対面手続きは他社も導入しているが、同社によると法人契約の加入手続きを非対面にするのは業界で初という。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより
●大同生命
(10/01) 『つながる手続』の利用対象を拡大~すべての保険加入でリモート手続が可能に~

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。