ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/12)

保険デイリーニュース(10/12)

 本日の主なニュース

・「モンハン」の世界に保険を…東京海上日動社員がガチ議論
・あいおいニッセイ、マラソン中止を補償 ランナー個人に
・保険代理店200項目で評価 生保協が基準 22年秋にも
・保険商品の開発担当者を悩ます「逆選択・モラルリスク」対処法

 <損保関連>

■「モンハン」の世界に保険を…東京海上日動社員がガチ議論 「過酷だし保険は必要w」「こんな状況から入れる保険があるんですか!?」と爆笑

 損害保険会社の東京海上日動火災保険の新卒採用向けコンテンツが話題だ。ゲームメーカー、カプコンの代表作「モンスターハンターライズ」とコラボレーションし、東京海上日動の採用向けYou Tubeチャンネルで「モンハン保険」と題した動画シリーズが公開されている。
・iza(イザ!)

■あいおいニッセイ、マラソン中止を補償 ランナー個人に

 あいおいニッセイ同和損害保険がスポーツ関連事業のアールビーズ(東京・渋谷)と組み、マラソンランナー向けの大会中止保険を10月内に売り出す。スマートフォンで加入でき、大会が台風などの風水害で中止した際に参加料を全額払い戻す。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●東京海上日動
(10/11) 中高年(ミドル)社員の学び直しを推進するための企業内カレッジをスタート
(10/11) 「社内報アワード2021」ゴールド賞の受賞 社内報「東日本大震災から10年特別企画~あの日を忘れない~」(動画・冊子)

 <損保株価情報>(東証:2021/10/11)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,130 +87 +1.44% 1,188,100
SOMPOホールディングス   5,017 +61 +1.23%  691,800
MS&ADホールディングス   3,804 +64 +1.71% 1,088,900

日経平均株価   28,498.2 +449.26 +1.60%

 <金融庁・協会関連>

■保険代理店200項目で評価 生保協が基準 22年秋にも

 生命保険協会は保険商品を取り扱う代理店の実態調査を2022年秋にも始める。顧客の意向を正確につかみ、最適な保険を提案する体制が整っているかなど約200項目をもとに評価する。
・日本経済新聞

 <生保関連>

■保険商品の開発担当者を悩ます「逆選択・モラルリスク」対処法

 保険の規制緩和および自由化が始まり、保険会社の監督官庁である大蔵省(現財務省)へ毎日のように通っていたころのことだ。ある日、大蔵省の担当者の人から呼び止められた。「他人に毒物を飲まされた場合は、傷害保険でも保険金が支払われますか?」
・ダイヤモンド・オンライン

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。