ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/22)

保険デイリーニュース(11/22)

 本日の主なニュース

・3メガ損保 純利益2.6倍 4~9月5248億円、再編後で最高
・イーデザイン損保、スマホ時代のデジタル自動車保険「&e」
・火災保険、5年ごと契約に 実質値上げ、来年10月から–損保
・「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?
・イーデザイン損保が推し進める保険の再定義。損害保険が目指す「事故のない世界」とは
・90歳生保元社員を起訴猶予 多額詐取疑い
・日本生命・清水博社長「保険はDXで強くなる」
・住友生命・Vitalityは、ココがすごい!IT活用で他社商品と明確な差別化

 <損保関連>

■3メガ損保 純利益2.6倍 4~9月5248億円、再編後で最高

 損害保険大手3グループの2021年4~9月期決算が19日出そろった。国内で大規模な自然災害がなく、契約者へ支払う保険金は低水準だった。合計の連結純利益は前年同期の2.6倍となる5248億円と10年に3メガ体制が確立してから過去最高を更新した。
・日本経済新聞

■イーデザイン損保、スマホ時代のデジタル自動車保険「&e」

 イーデザイン損害保険は、11月18日より最新テクノロジーを活用した自動車保険「&e(アンディー)」を発売した。契約・問い合わせ・保険金の支払いまで、多くの手続きをスマートフォンで完結できる設計。またIoTセンサーを貸与し、自動で事故を検知するなどデジタルの利便性を取り入れ新たな体験を提供する。
・Impress Watch

■火災保険、5年ごと契約に 実質値上げ、来年10月から–損保

 損害保険各社は2022年10月から、家屋や家財の損害を補償する火災保険について、10年契約を廃止し、最長5年ごとの更新とする。大規模な自然災害が多発しており、リスクを保険料に反映しやすくするのが狙いだ。一方、保険料は契約期間が長いほど割安で、実質的な値上げになる。
・時事通信

■「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?

 「SOMPOクエスト」と名付けたこの制度は、就業時間のうち2割を社内副業に充てられるというものだが、本来の仕事を減らすなどのルールは特段設けておらず、また副業先での業務は人事評価の対象にはならないという。
・ITmedia

■イーデザイン損保が推し進める保険の再定義。損害保険が目指す「事故のない世界」とは

 いま、損害保険業界は変革の時を迎えているのをご存じだろうか。インシュアランス(保険)とテクノロジーを組み合わせた「インシュアテック」に注目が集まり、欧米を中心に市場規模も拡大している。
・Business Insider Japan

■損保各社ホームページより
●東京海上ホールディングス
(11/19) 2022年3月期第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結)
(11/19) 剰余金の配当および配当予想の修正に関するお知らせ
(11/19) 2022年3月期中間決算記者会見資料
(11/19) デジタルR&D機能の強化によるグループDXの推進

●SOMPOホールディングス
(11/19) 2022年3月期第2四半期決算発表について
(11/19) 2022年3月期通期業績予想(連結)の修正に関するお知らせ
(11/19) 自己株式取得に係る事項の決定及び自己株式の消却に関するお知らせ
(11/19) SOMPOホールディングスがDJSI構成銘柄に選定

●MS&ADホールディングス
(11/19) コーポレート・ガバナンスに関する報告書
(11/19) 四半期報告書-第14期第2四半期(令和3年7月1日-令和3年9月30日)
(11/19) 6年連続で「Dow Jones Sustainability Indices」の構成銘柄に選定
(11/19) 2021年9月中間期 決算説明資料
(11/19) 剰余金の配当(中間配当)および期末配当予想の修正に関するお知らせ
(11/19) 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
(11/19) 2022年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結)

●日新火災
(11/19) 2022年3月期中間期の単体ソルベンシー・マージン比率の公表について

●共栄火災
(11/19) 2022年3月期 第2四半期(中間期)決算のお知らせ(非連結)

 <損保株価情報>(東証:2021/11/19)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,910 -21 -0.35% 2,469,400
SOMPOホールディングス   4,860 +40 +0.83% 1,936,100
MS&ADホールディングス   3,547 -118 -3.22% 2,196,500

日経平均株価   29,745.87 +147.21 +0.50%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■90歳生保元社員を起訴猶予 多額詐取疑い

 第一生命保険の元社員の女性(90)=懲戒解雇=が山口県周南市で在職中、顧客から多額の金をだまし取ったとして、山口地検周南支部が計1億8千万円分の詐欺容疑で5月に書類送検された元社員を起訴猶予処分としたことが19日、分かった。
・産経ニュース
・朝日新聞デジタル

■日本生命・清水博社長「保険はDXで強くなる」

 コロナ禍を機に営業のデジタル化を進め、生命保険のあり方も大きく変えようとしている。生保事業とシナジーの高いヘルスケア事業を立ち上げるなど、将来の種まきも欠かさない。機関投資家の立場から企業に脱炭素を促す取り組みを強化する。
・日経ビジネス

■住友生命・Vitalityは、ココがすごい!IT活用で他社商品と明確な差別化

 住友生命保険が2018年にサービスを開始した健康増進型保険「Vitality(バイタリティ)」は、顧客の運動の習慣化に寄与するユニークな商品である。従来の生命保険はリスクに備えるためのものであったが、“Vitalityは「運動や健康診断などの取組みをポイント化し評価する」と …
・ビジネスジャーナル

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。