ホーム > 2022年, ニュース > 保険デイリーニュース(01/13)

保険デイリーニュース(01/13)

 本日の主なニュース

・損保ジャパンの凄すぎる「コンタクトセンターDX」、ボイスボットの絶大な効果とは
・日立Solと東京海上日動、自由貿易協定の活用リスク低減で協業
・住友生命、AI-OCR「Flax Scanner」導入–給付金請求手続きのデジタル化を推進
・日本生命「Nippon Life X」が引き金、22年は“生保イノベーション競争”が勃発
・出社削減率99%を実現した大樹生命、リモートワーク定着の背景

 <損保関連>

■損保ジャパンの凄すぎる「コンタクトセンターDX」、ボイスボットの絶大な効果とは

 コロナ禍はコンタクトセンターの在り方を根幹から揺るがした。多くの企業がオペレーターの安全確保のために在宅業務への移行に踏み切り、今もその理想形を模索している。そうした中、コンタクトセンターのデジタルシフトを進めてきた損保ジャパンの事例が、1つのロールモデルとなりそうだ。
・ビジネス+IT

■日立Solと東京海上日動、自由貿易協定の活用リスク低減で協業

 日立ソリューションズ(日立Sol)は2022年1月7日、自由貿易協定(FTA)の活用リスクを減らすために東京海上日動火災保険と協業すると発表した。FTAを用いて輸出する物品が協定締約国内産(協定国産)であることを企業が証明する「原産地証明書発行業務」において …
・IT Leaders

■損保各社ホームページより
●SOMPOホールディングス
(01/12) MaaSサービス「NORUMO(ノルモ)」の提供開始

●損保ジャパン
(01/12) バーチャル株主総会開催時のリスクに備える保険の提供を開始
(01/12) 火災保険見積機能におけるお客さま体験(ユーザーエクスペリエンス)向上の取組み

●三井住友海上
(01/12) ~獣医師、農家間のコミュニケーション課題を解決~ 獣医師、農家向け診療サポートサービス「U-メディカルサポート」の開発を開始

 <損保株価情報>(東証:2022/01/12)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,990 -20 -0.29% 1,874,900
SOMPOホールディングス   5,305 -48 -0.90% 1,635,300
MS&ADホールディングス   3,902 +4 +0.10% 1,637,600

日経平均株価   28,765.66 +543.18 +1.92%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■住友生命、AI-OCR「Flax Scanner」導入–給付金請求手続きのデジタル化を推進

 住友生命保険(住友生命)は、給付金請求手続きの簡素化、および給付金支払事務の効率化を目的にAI-OCR製品「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を導入した。同製品を提供するシナモンAIが発表した。
・ZDNet Japan

■日本生命「Nippon Life X」が引き金、22年は“生保イノベーション競争”が勃発

 ところが、業界の盟主である日本生命保険は、前中期経営計画(2017年度から20年度)において、イノベーションの促進に本格的に着手。20年4月にはオープンイノベーションの拠点となる「Nippon Life X」を始動させていたのだ。
・ダイヤモンド・オンライン

■出社削減率99%を実現した大樹生命、リモートワーク定着の背景

 大樹生命保険は2018年10月に社員のワークライフバランス向上を目的に、在宅勤務制度を導入。夏季のテレワークに官民で取り組む「テレワーク・デイズ」に参加するなど、知見を得てきた。コロナ禍では以前より挑戦してきたリモートワークの仕組みを …
・ニュースイッチ

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2022年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。