ホーム > 2022年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/30)

保険デイリーニュース(03/30)

 本日の主なニュース

・プラ資源循環に取り組む企業の保険料を割引 三井住友海上とあいおいニッセイ
・損害保険ジャパンら、旅行予約者向けデジタル完結型保険「コロナあんしん旅行保険」
・損保ジャパン、従業員の不妊治療費を補助 企業向け保険
・損保ジャパン、保険リスク計算に疑似量子技術 日立と
・「生命保険で節税」はうそ!その理由を数字で徹底解明
・「生保商品ランキング」に載らない「最強」の保険
・「生命保険」のセールストーク・キャッチコピーの突っ込みどころ
・ChromeとEdgeユーザーは至急最新版に更新すべき〜攻撃の危険性大

 <損保関連>

■プラ資源循環に取り組む企業の保険料を割引 三井住友海上とあいおいニッセイ

 MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険(東京都千代田区)とあいおいニッセイ同和損害保険(同・渋谷区)は4月から、プラスチックの資源循環に取り組む企業を対象に保険料の割引を開始する。
・環境ビジネスオンライン

■損害保険ジャパンら、旅行予約者向けデジタル完結型保険「コロナあんしん旅行保険」の提供を開始

 損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)と子会社で少額短期保険業を営むMysurance株式会社は、旅行予約のキャンセルや旅行先でのケガ、新型コロナウイルス感染症の発病など、コロナ禍における国内旅行に関する不安をトータルサポートする新商品「コロナあんしん旅行保険」を提供開始したと発表した。
・エキサイト

■損保ジャパン、従業員の不妊治療費を補助 企業向け保険

 損害保険ジャパンは4月、従業員の不妊治療費を補助する企業向け保険サービスを始める。4月に不妊治療の保険適用の範囲が広がり、治療を受ける人が増える見通しだが、個人の負担額はなお高額だ。
・日本経済新聞

■損保ジャパン、保険リスク計算に疑似量子技術 日立と

 損害保険ジャパンは日立製作所と組み、2022年度から自然災害向けの再保険のリスクを計算する際に量子技術に似た仕組みを活用する。従来のコンピューターで数年かかる計算を数日で解けるほか、事前に想定しづらい損害リスクへの目配りも可能になり、精度が上がる。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●東京海上日動
(03/29) 診療予約に合わせてタクシー配車を行う医療MaaSアプリを活用した千葉市内での通院サポートプログラム実証実験を開始

●SOMPOホールディングス
(03/29) 損保ジャパン、保険引受業務における擬似量子コンピュータの実務利用を開始

●損保ジャパン
(03/29) 「不妊治療と仕事の両立支援プラン」の販売開始~多様な働き方を推進する企業等の福利厚生を下支えする商品、サービスを目指して~
(03/29) 損保ジャパン、保険引受業務における擬似量子コンピュータの実務利用を開始
(03/29) 損保ジャパンが宇宙産業プロジェクトを開始~Synspective と資本業務提携~
(03/28) 旅行予約者向けデジタル完結型保険「コロナあんしん旅行保険」の提供開始 ~旅行前から旅行中・旅行後まで、コロナ禍の国内旅行をトータルサポート~

●三井住友海上
(03/29) パソナテックと三井住友海上が防災分野で協業 防災まちづくりに向けた「個別避難計画支援の実証実験プラン」 4月提供開始

 <損保株価情報>(東証:2022/03/29)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   7,434 +39 +0.53% 1,733,300
SOMPOホールディングス   5,613 +12 +0.21%  897,000
MS&ADホールディングス   4,179 -32 -0.76% 1,105,100

日経平均株価   28,252.42 +308.53 +1.10%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■「生命保険で節税」はうそ!その理由を数字で徹底解明

 2019年の法人税基本通達の改定、いわゆるバレンタインショック。これにより「保険で節税はできなくなった」と言われるが、バレンタインショックの前も後も変わらず「保険で節税」という説明はうそである。そのことを具体的に解説しよう。
・ダイヤモンド・オンライン

■「生保商品ランキング」に載らない「最強」の保険

 「正直、雑誌の生命保険のランキングは『商品ありき』で作っています。保険業界関係者による一定部数の購入も見込めるので、定番企画になっているわけです」
・日経ビジネス電子版

■「生命保険」のセールストーク・キャッチコピーの突っ込みどころ

 生命保険のセールストークやキャッチコピーは「ストーリー性・不確実性・緊急性」の3点から見るのがお勧めです。無理筋の論法が常用されているからです。以下、具体例を挙げていきます。
・日経ビジネス電子版

■生保各社ホームページより
●明治安田生命
(03/29) 「議決権行使への取組みについて」の改正について
(03/29) 2023年度新卒採用計画 750人を採用~VR等のデジタルツールを活用した地域差のない採用活動を展開~
(03/28) 「MYリンクコーディネーター制度」創設に伴う営業職員の名称変更について

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■ChromeとEdgeユーザーは至急最新版に更新すべき〜攻撃の危険性大

 WebブラウザのGoogle Chrome、およびMicrosoft Edgeにセキュリティ上の脆弱性があるとして、Google、Microsoftがそれぞれ緊急アップデートをリリースしました。
・iPhone Mania


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2022年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。