ホーム > 2022年, ニュース > 保険デイリーニュース(09/05)

保険デイリーニュース(09/05)

 本日の主なニュース

・業界初「ITフリーランス」専用保険 三井住友海上
・医療保険のコロナ入院給付 日生など4社、対象縮小
・生保は「丁寧な説明を」 金融相、コロナ給付縮小で
・金融庁、問い合わせにチャットbot導入 利便性向上の観点から
・新型コロナの入院保険、なぜ対象を縮小?
・害悪とまで言われる日本特有のメールセキュリティ「PPAP」から企業はどう脱出するか

 <損保関連>

■業界初「ITフリーランス」専用保険 三井住友海上

 損害保険大手の三井住友海上火災保険が9月から、個人で仕事を請け負うエンジニアやプログラマーなどへ向けた専門保険「ITフリーランス専用保険」を販売することが8月31日、分かった。
・ITmedia

■損保各社ホームページより
●東京海上日動
(09/01) ペット防災領域における新たなサービス開発に向けた東京海上日動とアニコムの戦略的提携について

●三井住友海上
(09/02) 「宇宙保険特設コンテンツ」を開設しました

 <損保株価情報>(東証:2022/09/02)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   7,651 +53 +0.70% 1,285,600
SOMPOホールディングス   5,874 +42 +0.72%  874,500
MS&ADホールディングス   4,080 -3 -0.07% 1,590,700

日経平均株価   27,650.84 -10.63 -0.04%

 <金融庁・協会関連>

■医療保険のコロナ入院給付 日生など4社、対象縮小

 生命保険協会は、医療保険の契約者が新型コロナウイルスに感染した場合に支払う入院給付金の対象を縮小する方針を示した。1日に発表した。9月下旬にも重症化の恐れが高い高齢者や妊婦などに限定する。
・日本経済新聞
・読売新聞
・朝日新聞
・時事通信

■生保は「丁寧な説明を」 金融相、コロナ給付縮小で

 鈴木俊一金融担当相は2日の閣議後記者会見で、医療保険などの契約者が新型コロナウイルスに感染して療養した際に支払われる入院給付金の対象縮小について「契約者に丁寧な説明が行われることが重要と考えている」と述べ、生命保険各社に対応を求めた。
・産経ニュース

■金融庁、問い合わせにチャットbot導入 利便性向上の観点から

 金融庁は、「金融サービス利用者相談室」の問い合わせページにAIチャットbotを導入した。利用者の利便性向上の観点から導入を決めたという。Webサイト右下に設けられた「ご質問はこちらから」をクリックすることで利用できる。
・ITmedia NEWS

■金融庁・協会ホームページより
●金融庁
(09/02) 保険会社等に対する入院給付金の取扱い等に係る要請
(09/01) ペッツベスト少額短期保険株式会社に対する行政処分について

●日本損害保険協会
(09/02) 令和4年9月からの大雨に伴う特別措置(自賠責保険)の実施について
(09/01) 新型コロナウイルス感染症による宿泊施設・自宅等療養者に係る 療養証明書の取扱い等について

●生命保険協会
(09/01) 新型コロナウイルス感染症による宿泊施設・自宅等療養者に係る療養証明書の取扱い等について

 <生保関連>

■新型コロナの入院保険、なぜ対象を縮小?

 生命保険会社が新型コロナウイルスの感染者に支払っている入院給付金の対象を大幅に絞ることになりました。早ければ9月下旬から、対象者を65歳以上や妊婦など重症化の恐れが高い場合に限定します。医療保険を取り扱う大半の保険会社が基準を見直すことになりそうです。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより
●日本生命
(09/02) 新型コロナウイルス感染症に関する給付金のご請求書類について

 <セキュリティ関連>

■害悪とまで言われる日本特有のメールセキュリティ「PPAP」から企業はどう脱出するか

 調査の結果、2020年度は迷惑メールの数が200倍にも増加しており、Emotet(エモテット)と呼ばれるウイルスが、自分自身をZIPで暗号化することでウイルススキャンを回避、猛威を奮っていたことも明らかになった。「PPAP」と呼ばれるメール添付による暗号化ZIPファイルのやりとりが狙われているわけだ。
・@IT 全フォーラム

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2022年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。