ホーム > 2022年, ニュース > 保険デイリーニュース(09/06)

保険デイリーニュース(09/06)

 本日の主なニュース

・三井住友海上、3Dプリンター住宅向け保険を開発
・生保協、営業職員の法令順守へ指針 相次ぐ不正で検討会
・生保&少短「みなし入院」騒動終息への内幕、足元では第7波対策で“商品力低下”も進行
・9月4日の楽天モバイル通信障害、全国130万回線に影響

 <損保関連>

■三井住友海上、3Dプリンター住宅向け保険を開発

 三井住友海上火災保険は住宅系スタートアップのセレンディクス(兵庫県西宮市)と共同で、外壁などを建設用3次元(3D)プリンターでつくった住宅向けの保険商品を開発する。火災や風水害による破損などのリスクを補償することも検討する。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●東京海上ホールディングス
(09/05) 自己株式の取得状況に関するお知らせ

●三井住友海上
(09/05) ~販売開始から8か月、新たなオプションも追加~『プレドラ』の契約件数が20万件を突破!

●ソニー損保
(09/05) ソニー損保の火災保険、ドローン活用による迅速な損害調査と保険金支払を実現 さらに、修理会社の紹介・手配など、お住まいの復旧までトータルにサポート

 <損保株価情報>(東証:2022/09/05)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   7,649 -2 -0.03% 1,144,300
SOMPOホールディングス   5,901 +27 +0.46%  654,700
MS&ADホールディングス   4,115 +35 +0.86%  930,500

日経平均株価   27,619.61 -31.23 -0.11%

 <金融庁・協会関連>

■生保協、営業職員の法令順守へ指針 相次ぐ不正で検討会

 営業職員による金銭の着服など相次ぐ不正を受け、生命保険協会はコンプライアンス(法令順守)やリスク管理の強化に向けたプロジェクトチーム(PT)を6日に立ち上げる。再発防止に向けて、各社が取り組むべき施策を年内にまとめて公表する方針だ。
・日本経済新聞

 <生保関連>

■生保&少短「みなし入院」騒動終息への内幕、足元では第7波対策で“商品力低下”も進行

 新型コロナ感染症の「みなし入院」に対する給付金支払いに右往左往することになった発端は、2020年4月に行われた金融庁による要請だった。当時、新型コロナが急拡大し、入院患者が急増して全国で病床がひっ迫。本来は病院に入院しなければならない患者が、やむを得ず宿泊施設や自宅で療養しなければならない事態に陥っていた。
・ダイヤモンド・オンライン

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■9月4日の楽天モバイル通信障害、全国130万回線に影響

 楽天モバイルは9月5日、同月4日に発生した通信障害について、影響範囲が全国の130万回線に及ぶと発表した。
・ITmedia NEWS


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2022年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。