ホーム > 2022年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/30)

保険デイリーニュース(11/30)

 本日の主なニュース

・国内3大損保で中間決算が唯一黒字 東京海上HD幹部が語る円安影響
・MS&ADインシュアランスグループホールディングス、災害多発で支払増
・交通事故リスクを見える化 MS&ADがシステム販売開始
・三重苦の生保決算、下方修正続出 金利上昇で健全性に影
・USBメモリ紛失の尼崎市、無断で再委託のBIPROGYに損害賠償請求
・国の一般会計が自賠責保険から「借金」していた 財務相は「1回ですべてお返しするのは無理」
・DXが進む保険会社の「生まれ変わった基幹システム」は何がすごいのか
・デスクトップアプリとしての「Internet Explorer」が2023年早期にいよいよ完全無効化

 <損保関連>

■国内3大損保で中間決算が唯一黒字 東京海上HD幹部が語る円安影響

 損保大手3グループの2022年9月中間決算は、東京海上ホールディングス(HD)だけが純損益の黒字を確保しました。しかし、今年は国内で自然災害が相次いだため、保険金の支払いが増えて利益を押し下げました。
・朝日新聞デジタル

■MS&ADインシュアランスグループホールディングス、災害多発で支払増

 【災害多発で支払増】23年3月期の連結純利益は前期比47%減の1400億円を見込む。国内外で保険料収入が伸びるが、国内のひょう災や台風で保険金支払いが増える。
・日本経済新聞

■交通事故リスクを見える化 MS&ADがシステム販売開始

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)は自動車事故の潜在的な発生リスクを可視化するシステムの販売を始めた。都市開発で新たにできた道路など、事故が起きていない場所でも人工知能(AI)で発生率を予測。まず自治体に販売し、企業にも広げる。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●損保ジャパン
(11/28) 団体長期障害所得補償保険(GLTD)における「介護休業および復職支援特約」の新設 ~仕事と介護を両立できる社会の実現に貢献~

●三井住友海上
(11/28) ~潜在的な危険箇所を評価・抽出して交通事故の発生を未然に防止~「事故発生リスクAIアセスメント」の販売を開始

 <損保株価情報>(東証:2022/11/29)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   2,905.5 +15.5 10,320,600
SOMPOホールディングス   5,993 +26 1,725,900
MS&ADホールディングス   4,105 +14 1,602,500

日経平均株価   28,027.84 -134.99

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■三重苦の生保決算、下方修正続出 金利上昇で健全性に影

 生命保険会社が三重苦に見舞われている。新型コロナウイルスの流行で陽性者に支払う医療保険の入院給付金が増加。外貨建て保険の販売増で今期から始まった責任準備金の積み立て負担や、外国債券の運用時に為替リスクをヘッジ(回避)するコストの上昇も重荷だ。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより
●日本生命
(11/29) ビジネスマッチングサービス「Biz-Create® by NISSAY」の運用開始について

 <セキュリティ関連>

■USBメモリ紛失の尼崎市、無断で再委託のBIPROGYに損害賠償請求「市のイメージダウンにつながった」

 6月に発生した尼崎市全市民46万人分の個人情報入りUSBメモリの紛失を巡って、尼崎市はBIPROGY(ビプロジー、旧社名元日本ユニシス)に対し損害賠償請求を行うと発表した。尼崎市のイメージダウンにつながったことなどが理由。
・ITmedia NEWS

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■国の一般会計が自賠責保険から「借金」していた 財務相は「1回ですべてお返しするのは無理」

 鈴木俊一財務相に対して、11月11日の記者会見で、国の一般会計が自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)から事実上借りたまま未完済となっている件について質問が出た。
・東洋経済オンライン

■DXが進む保険会社の「生まれ変わった基幹システム」は何がすごいのか

 シンガポールの保険会社Great Easternは、DXに取り組みステークホルダーの利益向上を目指す。同社が多大な労力を費やして刷新したシステムと、それにより実現した効果とは。
・ITmedia

■デスクトップアプリとしての「Internet Explorer」が2023年早期にいよいよ完全無効化、その後はどうする?

 Microsoftは、Windows 10(LTSCを除く)におけるデスクトップアプリとしての「Internet Explorer(IE)」の完全無効化を、2023年2月の定例更新(Bリリース)で実施することを発表しました。
・@IT 全フォーラム


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2022年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。