ホーム > iPhone, TIPS, サイト制作 > 画面読込時にアドレスバーを隠す

画面読込時にアドレスバーを隠す

iPhoneサイト作成のTipsを備忘録としてメモしておきます。サイトを表示させる際に、自動でアドレスバーを隠します。

<使用しているTIPS>
・読込み時にアドレスバー分スクロール。
・bodyの高さを最低416pxに指定する。
・画面の縦横が変わった場合の対応
(再度アドレスバーを隠す・文字サイズ固定)

●アドレスバーをスクロールさせるScript

<script type=”text/javascript”>
function hideAdBar(){
setTimeout(“scrollTo(0,1)”, 100);
}
</script>

●高さを最低416pxにし、縦横が変化した場合文字のサイズが変わらないようにするStyle

<style type=”text/css”>
body {
min-height: 416px;
-webkit-text-size-adjust: none;
}
</style>

●読込時に上記Scriptを呼び出し、縦横が変わった際にもScriptを読み込むようにする

<body onLoad=”hideAdBar()” onOrientationChange=”hideAdBar()”>

サンプルへ

カテゴリー: iPhone, TIPS, サイト制作 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。