ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/21)

保険デイリーニュース(04/21)

 本日の主なニュース

・ネット通販の障害、売り上げ補償 損保ジャパンが新保険
・損保ジャパン、工場の災害リスク「みえる化」
・就職希望企業ランキング、大手損保が1・3位
・架空話で4800万だまし取る…第一生命営業職員の不正また発覚
・「標的型メール攻撃」による情報漏洩を防ぐ方法、クリック率を下げるだけではダメ!

 <損保関連>

■ネット通販の障害、売り上げ補償 損保ジャパンが新保険

 企業のデジタル取引を支える保険が広がる。損害保険ジャパンはシステム障害で通販サイトが停止した場合に、出店企業の売り上げ減少を補償する保険を2021年中に売り出す。
・日本経済新聞

■損保ジャパン、工場の災害リスク「みえる化」

 損害保険ジャパンは、国内に工場や事務所を持つ企業向けに、各拠点の自然災害リスクを分析するサービスを始めた。台風や豪雨による浸水リスクや地震が発生する可能性を「みえる化」する。
・日本経済新聞

■就職希望企業ランキング、大手損保が1・3位

 キャリタス就活2022「就職希望企業ランキング」は、1位「損保保険ジャパン」であることが、ディスコが2021年4月12日に発表した調査結果より明らかになった。大手損保や金融系が人気を集めた。
・Yahoo!ニュース

■損保各社ホームページより
●損保ジャパン
(04/20) お子さまの安心・安全なスマホ生活に向けた産学連携 沼津市および三島市の小・中学校へ「情報モラルリーフレット教材」を配布

 <損保株価情報>(東証:2021/04/20)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,335 -66 -1.22% 1,727,200
SOMPOホールディングス   4,076 -76 -1.83%  712,300
MS&ADホールディングス   3,158 -44 -1.37%  964,300

日経平均株価   29,100.38 -584.99 -1.97%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■「金銭的な優遇ある」と架空話で4800万だまし取る…第一生命営業職員の不正また発覚

 第一生命保険は20日、新たに長野県と北海道の元営業職員2人が顧客から計約5500万円をだまし取っていたと発表した。第一生命では昨年10月以降、職員による不正が相次いで発覚しており、コンプライアンス(法令順守)の体制が揺らいでいる。
・読売新聞
・NHK NEWS WEB

■生保各社ホームページより
●第一生命
(04/20) 「経営品質刷新プロジェクト」の取組状況に係るご報告~「元社員による金銭の不正取得」事案に対する対応状況~
(04/20) 当社営業員による金銭の不正取得について

 <セキュリティ関連>

■「標的型メール攻撃」による情報漏洩を防ぐ方法、クリック率を下げるだけではダメ!

 近年増加している標的型メール攻撃による情報漏洩。この最大の要因は、高度なサイバー攻撃や避けようのないウイルス感染ではなく、「ヒューマンエラー」だとこれまでも紹介してきた。では、そうしたヒューマンエラーを防ぐために、企業などの組織はどのような教育・訓練を従業員に行うべきか。
・ダイヤモンド・オンライン

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。