ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/18)

保険デイリーニュース(06/18)

 本日の主なニュース

・東京海上日動が新たな「データ活用基盤」でDX加速、AIアプリを次々生み出す
・損害保険ジャパンが100万時間削減のAI検索システム、基盤に3大クラウドフル活用
・三井住友海上、顧客ひとり一人に最適な提案を行うための全社データ基盤に
・火災保険 保険料の目安 10.9%の引き上げ決める 過去最大
・金融庁が節税保険にメス、7年分実態調査に業界戦々恐々
・三井住友海上あいおい生命保険、コロナで蔓延した不安に寄り添う
・Windows 10のサポートが2025年で終了〜やはり、Windows 11発表か
・霞が関で6月末にFAXを原則廃止、電子メールに切り替え 各省庁からの意見も募集
・ZoomやTeamsがいくら便利でも、結局「対面」が重要な理由:顧客の心をつかむ7つの方法

 <損保関連>

■東京海上日動が新たな「データ活用基盤」でDX加速、AIアプリを次々生み出す

 東京海上日動火災保険はデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるため、新たなデータ活用環境をAWS上に構築し、社内外のデータを集めて分析する体制を整えた。既に、営業指標を可視化したり、保険請求の不正検知アプリを生み出したりする成果を上げている。
・日経クロステック(xTECH)

■損害保険ジャパンが100万時間削減のAI検索システム、基盤に3大クラウドフル活用

 損害保険ジャパンは人工知能(AI)を活用した検索システムを構築した。約1万人いる営業担当者と全国の代理店約5万店が利用する。新たな照会内容を日々蓄積して社内ノウハウを共有する基盤を整えた。
・日経クロステック Active

■三井住友海上火災保険、顧客ひとり一人に最適な提案を行うための全社データ基盤にTeradata Vantage on AWSを採用

 三井住友海上は、同社のデジタルトランスフォーメーションの実現における全社データ基盤として、テラデータのソリューションを採用しました。Teradata Vantage on AWSに統合されたデータは、AIを活用した代理店向け営業支援システムである「MS1 Brain」に実装された …
・時事通信

■火災保険 保険料の目安 10.9%の引き上げ決める 過去最大

 台風などの自然災害が増える中、損害保険各社で作る団体は、被害を補償する火災保険の保険料の目安について、過去最大となる10.9%の引き上げを決めました。損害保険各社は来年度以降、保険料を値上げする見通しで、家計の負担の増加につながりそうです。
・NHK NEWS WEB

■損保各社ホームページより
●東京海上日動
(06/17) 東京海上グループのデータ活用を支えるインフラの強化~セキュアな「協創型次世代データ分析基盤」への発展~

●三井住友海上
(06/17) ~ DX valueシリーズ第1弾に追加 ~ 「見守るクルマの保険(プレミアム ドラレコ型)」の開発について

 <損保株価情報>(東証:2021/06/17)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,159 +29 +0.57% 1,596,400
SOMPOホールディングス   4,299 +1 +0.02%  972,500
MS&ADホールディングス   3,305 -19 -0.57% 1,400,500

日経平均株価   29,018.33 -272.68 -0.93%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁が節税保険にメス、7年分実態調査に業界戦々恐々

 「節税」効果があるとして一部経営者らに人気だった生命保険について、金融庁が複数の生保に実態調査を始めた。保険商品を認可する立場の金融庁は、審査時の説明と販売実態が大きく違う生保側の「二枚舌」に煮え湯を飲まされてきた。
・朝日新聞デジタル

 <生保関連>

■三井住友海上あいおい生命保険、コロナで蔓延した不安に寄り添う

 緊急事態宣言が発令されていた2020年5月の新規契約は、営業活動の自粛もありコロナ禍前の前年同期比で半分も落ち込み、20年度通年では2割減少した。ようやく非対面型のオンラインによる営業活動も浸透し、21年4月はコロナ禍前の新規契約数を上回ることができた
・SankeiBiz

■生保各社ホームページより
●太陽生命
(06/17) 太陽生命、「アミノインデックスリスクスクリーニング」を活用し従業員の健康増進をサポート!~従業員を元気にすることで、より多くのお客様の元気・長生きを実現~

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Windows 10のサポートが2025年で終了〜やはり、Windows 11発表か

 MicrosoftがWindows 10のサポートを2025年10月で終了するとサポートページに記載していることが明らかになりました。Windows 10に変わる「次世代Windows」が発表される可能性が高いと、Gizmochinaが報じています。
・iPhone Mania

■霞が関で6月末にFAXを原則廃止、電子メールに切り替え 各省庁からの意見も募集

 河野太郎行政・規制改革担当相は霞が関でのFAXの使用を原則廃止し、電子メールに切り替える方針を明らかにした。各省庁に文書で通知するとともに16日まで意見を募集する。河野大臣は「テレワークできない理由の一つにFAXがあるため」と説明している。
・ITmedia

■ZoomやTeamsがいくら便利でも、結局「対面」が重要な理由:顧客の心をつかむ7つの方法

 企業が顧客と直接会うことができない場合は、「Zoom」や「Microsoft Teams」などのWeb会議サービスを使用するか、ウェビナーを開催することも有効だ。顧客とコミュニケーションを取る際は、顧客が好むコミュニケーション形態を尋ね、やりとりを進めるのが好ましい。
・TechTargetジャパン


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。