ホーム > 2021年, ニュース > 保険デイリーニュース(07/14)

保険デイリーニュース(07/14)

 本日の主なニュース

・車保険料、1~2%下げ 事故減で大手、来年1月
・MS&AD、AIで建物損害額算出=英スタートアップと協業、損保業界初
・第一生命、新興国向け再エネ・インフラファンドへ55億円を投資

 <損保関連>

■車保険料、1~2%下げ 事故減で大手、来年1月

 値下げは2年連続だ。自動車の安全性能向上で事故が減っていることが背景にある。関係者によると、東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の3社は平均で約2%、損保ジャパンは1~2%引き下げる方向だ。
・iza(イザ!)

■MS&AD、AIで建物損害額算出=英スタートアップと協業、損保業界初

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は13日、台風などで被害を受けた建物の損害額を、人工知能(AI)で自動算出するシステムを導入すると発表した。
・リスク対策.com

■損保各社ホームページより
●三井住友海上
(07/13) 【業界初】AIを活用した建物損害額算出システムの導入について

●あいおいニッセイ同和損保
(07/13) 【業界初】AIを活用した建物損害額算出システムの導入について

 <損保株価情報>(東証:2021/07/13)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,224 +85 +1.65% 2,030,100
SOMPOホールディングス   4,463 +122 +2.81% 1,123,900
MS&ADホールディングス   3,370 +61 +1.84%  954,800

日経平均株価   28,718.24 +149.22 +0.52%

 <金融庁・協会関連>

 <生保関連>

■第一生命、新興国向け再エネ・インフラファンドへ55億円を投資

 第一生命保険(東京都千代田区)は7月8日、世界最大の資産運用会社ブラックロックが運用する、新興国の再生可能エネルギー関連施設への投資に特化したインフラファンド「Climate Finance Partnership Fund」に投資すると発表した。
・環境ビジネスオンライン

 <セキュリティ関連>

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2021年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。